パチンコ広告を作るためには「グラフィックデザイナー」の存在は欠かせないですが、今の世の中のデザイナー求人状況は比較的デザイナーバブルと言ってもいいほど需要が高くなっています。

従来は広告会社などで制作していたものが、現代では広告規制による宣伝広告費削減という状況から自社でデザイナーを抱えるようになったからだと言われています。

今回は「パチンコ広告のデザイナー求人と給料面」について掲載していきます。

 

パチンコ広告のデザイナー求人と給料面

広告デザイナーの求人需要

この記事では、広告デザイナーの求人需要と現在の状況などを掲載していきますが、そもそもデザイナーという職種を理解していますか?

デザイナーとは、国家資格者でもなければ、免許所持者でもありません。

完全に自称デザイナーの領域である事をご理解ください。

『私はデザイナーだ!』

と言えば誰でもデザイナーになることができるという事です。

 

デザイナー養成学校などの専門学校等も世の中にはたくさん存在しますが、その専門学校を卒業したからと言って就職先が確保されるわけではありません。

実際に私が経営しているデザイナー事務所でも、専門学校の先生から求人をしているかの問い合わせが毎年のように連絡がきますが、正直迷惑しております。。。

 

それはなぜか?

 

専門学校を卒業したからと言ってデザインができるわけではなく、イラストレーターやフォトショップの操作が素人よりはできるというレベルだからです。

個人のやる気にもよりますが、最前線で活躍できるまでには約半年から1年はかかると私は感じております。

 

そしてデザイナーの業務ですが、世の中の広告デザイナーの扱いと言えば、ほぼ“奴隷化”しているというのが実状です。

朝出勤して、退社時間は深夜に及ぶというのはごく普通のことですし、更に言えばサービス残業も当たり前と言っても間違いありません。

『基本給は安いけど残業がたくさんあるから人並みに稼げている』

『人並みの給与だけど、サービス残業がとにかく多い』

というイメージです。

 

デザイナーの私が言うのも変な話ですが、広告デザイナーの仕事はオススメしません。。。

独立してデザイナー事務所などを設立しない限りは将来も安定しませんし、時間もお金も得る事はできません。

 

なぜ、高校を卒業して「デザインの専門学校」に通うのか全く理解できません。

調理師の専門学校や美容師の専門学校に行った方がよっぽど将来性があると言えます。

世の中の求人募集を見てもらえばハッキリ分かりますが、調理師の募集や美容師の募集、更に病院などの看護師の求人募集なんて『高い給料を払うから来てくれ』という求人内容ですから需要はデザイナーよりも相当高いと言えます。

 

とは言っても、既に専門学校に通っている方や広告デザイナーを目指している方にとっては過去に戻る事はできませんので、今回は求人や給料などについて掲載していきますので少しでも将来が安定する方法を選ぶために参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

広告デザイナーの給料

まず、広告デザイナーの給料ですが、初任給で20万もらえる可能性はほぼ0%です。

手取りで15万円もらえれば積極的に就職すべきです。

そして昇給などの給料アップについてですが、月額40万円年収で500万円を超える広告デザイナーはほんの一握りですのでそもそも期待しないでください。

収入がたくさん欲しいと思うなら、広告会社で技術を身につけて早めに独立することをオススメ致します。

実際に私は、広告会社で年収500万円に到達しないくらいのところで見切りをつけて、退職して独立したという経緯がありますので間違いない情報です。

 

広告デザイナーの業務

広告デザイナーの業務はどちらかと言えば、突発な業務が多い職業と言えます。

 

基本的な仕組みは下記画像をご覧ください。

ピーアド.net

広告会社の営業がクライアントとデザイナーをつなぎ業務を進めていくという流れです。

会社によっては、デザイナーが直接クライアントと修正のやりとりをする場所もありますが、基本的な流れは上記の流れです。

 

前述で「突発な」と言いましたが、この流れを即日1日で仕上げるという物件も少なくありません。

ですから広告デザイナーは決して給料に見合った業務内容ではないと私は個人的に思っております。

 

広告デザイナーとして高い給料をもらう方法

広告会社ではなくパチンコ店に入社する

ここまでの記事の内容をまとめますと、広告デザイナーは誰でもなれる職業で、需要はあるが給料と業務が見合ってないというのが現代の状況です。

簡単に言えば、安い給料で長い時間働かせられるという事です。

 

ですがそんな広告デザイナーにも、より多くの給料をもらう方法が存在しますのでご紹介していきます。

広告会社や印刷会社のデザイナーとして、求人募集に応募すると安い給料で奴隷のように扱われるので、パチンコ店の広告デザイナーとして求人募集に応募するという方法です。

 

パチンコ店はそもそもの給料が高いので、デザイナーとしての枠でも給料が高いという場所も探せばたくさん出て来ます。

実際に私は、パチンコ店でも働いた経験がありますが給料は相当高かったです。。。

月収は軽く30万は超えましたので居心地も良かった記憶があります。

 

個人の目標によって様々な意見があると思いますが、広告会社に入社してパチンコ広告のデザインを作る可能性があるのであれば、直接パチンコ店で働いた方が給料は当然高くなります。

最終的には給料は高い方が良いので、この方法も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク